CCTY Bearing | ケーススタディ
ベアリング, タイロッド, カスタムベアリング, ボールジョイント, マストガイド, サイドローラー, 自己潤滑ブッシュ, ブッシュ,
18948
page-template-default,page,page-id-18948,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-15.0,qode-theme-bridge,disabled_footer_bottom,wpb-js-composer js-comp-ver-5.6,vc_responsive
 

ケーススタディ

積極的なスケジュールでトルクコンバーターのブッシュを納品

ある見込み顧客が、超精密な内径(ID)と外径(OD)の公差を維持できる、トルクコンバーター用途のソリッドリングのブッシュを必要としていました。このティア1サプライヤーは、厳しいスケジュールでOEM企業の顧客向けの試作品を作成しており、特定のベンチマークを期日までに実施する必要がありました。

 

解決策

OEM企業とCCTYベアリングのエンジニア間のオープンな協力関係を通して、このOEM企業は6週間で代替の部品を得ることができました。

 

CCTYベアリングは、顧客の要求とスケジュールに対応するために、素材の選択と設計サポートを行いました。CCTYベアリングのソリューションは以下を証明しました。

  • OEMの要件に合致
  • 即時性
  • 複数のサンプル要求に対する応答性
  • 生産の変動に応じたスケーリング

1週間で重大なブームの課題を解決

あるOEM企業は、テレハンドラーのブーム収縮の障害が全世界で発生し、早急の解決策が必要でした。CCTYベアリングは1週間でベアリングの再設計をサポートしました。

 

解決策

OEM企業とCCTYベアリングのエンジニア間のオープンな協力関係を通して、このOEM企業は6週間で代替の部品を得ることができました。

 

ブームの収縮がスムーズになったことによるチェーンローラーベアリングの影響は以下の通りです。

  • 摩擦の軽減
  • 摩耗の軽減
  • 注油不要で、メンテナンスフリー

 

このOEM企業は現在、テレハンドラーブームの寿命を延ばすベアリングを採用しています。

フォトクレジット:ブラッド・ハリソン

オールインワンボールジョイント

ある見込み顧客は、堅牢性が求められるユーティリティビークルのフロントサスペンションに使用するボールジョイントコンポーネントの一部に、部品調達、組立、および保守の問題がありました。CCTYベアリングはボールジョイントの問題を解消する解決策を立案しました。

 

解決策

CCTYベアリングはボールジョイントの問題の解決策を立案し、また、以下について証明しました。

  • 低価格
  • 生産ラインでの組立がクリーン化、迅速化
  • 3つの部品番号の統合により調達を簡略化
  • 以前と比較して信頼性が向上

正しく理解する:二回目

あるスノーモービルの顧客は、新しいデザイン用に、従来の仕様と比較してより堅牢なボールジョイントを求めていました。CCTYベアリングは70日で新しいサンプルの再設計と納品をサポートしました。

 

解決策

CCTYのの設計能力と製造能力によって、クライアントは問題なくそりの試験を継続することができました。最終的に、CCTYのソリューションは以下を証明しました。

  • 時間的制約のある応答
  • クライアントによる寿命と耐久性試験のすべてに合格する適切なソリューション
  • 1種類のボールジョイントを将来にわたってクライアントのそり全般に対応できる効率性

フォトクレジット:ジュレミー・ハンク

フォトクレジット:ジェスパー・マークワード・オルセン

ストライキ中の納品

港湾労働者と港湾の経営者間の契約交渉が決裂したとき、西海岸のドックはストライキになりました。その結果、コンテナは数週間にわたって海上に放置されました。CCTYはストライキの前に納期通りに出荷を継続するための計画を立てたことで、顧客の生産ラインのスケジュールを維持することができました。

 

解決策

CCTYベアリングは交渉の経過を注意深く監視し、ストライキの数週間前に別の手段を利用して積荷の配送を開始しました。その先を見越した判断により、顧客はスケジュール通り、生産ラインを維持することができました。追加の運送料が発生することもありませんでした。

組立の解により厄介なノイズ問題を解決

ある業務用掃除機具のOEM企業で、ファンの組立の際にわずかなノイズの変化が発生しました。不定期に発生するこのノイズはエンジニアを悩ませており、CCTYベアリングにサポートを求めました。CCTYベアリングのエンジニアは、CCTYベアリングのエンジニアは、組立方法を少し調整すれば改善できると判断しました。

 

解決策

このOEM企業は社内工程を変更して、大幅なコスト増を伴わずに、ファンの騒音を解消することができました。CCTYベアリングのソリューションは、ファンの騒音の保証問題を解消し、社内の品質部門によるアセンブリの不合格を無くす組立工程に改善したことを実証しました。コスト中立的なソリューション

このクライアントは現在、引き続き音の静かなファンを製造しています。

フォトクレジット:ダルコ・ノヴァコヴィッチ

ATV Spherical Plain Bearings SPBs

フォトクレジット:ジェスパー・マークワード・オルセン

カスタムSPBによるステアリングアセンブリ駆動

あるRVのOEM企業が、新設計のステアリングシステム用に球面ベアリング(SPB)を依頼しました。試験段階で、そのSPBには摩耗の徴候があり、軸方向の隙間をさらにきつくする必要があると判断されました。このOEM企業はCCTYベアリングのエンジニアにベアリングの軸方向の隙間を変更するよう依頼しました。

 

解決策

CCTYベアリングの柔軟なエンジニアリングと製造能力により、このOEM企業向けに45日でカスタム部品を製造し、現在RVの生産ラインで使用されています。

青銅ブッシュの質問が、設計の改善に大きく寄与

新しいブルドーザーの設計では、3-1/2~5-1/2インチサイズのアルミニウム青銅ブッシュが数多く必要でした。CCTYベアリングは用途をレビューし、求められるブッシュの負荷とはめ合わせコンポーネントを検証しました。ブッシュの設計長さについて、シャフトの用途にかかる負荷に対して長すぎるという懸念が上がりました。ブッシュの長さの範囲内でシャフトに過度のたわみが発生するような負荷です。

 

解決策

このOEM企業のチームは、FEAと実機テストの結果に基づき、CCTYベアリングが提案した公差の推奨値を使用して短くした青銅ブッシュを採用しました。

正確な設計のブッシュにより、高価なシャフトを完全に保護し、ブルドーザー作業で発生する過酷な用途に対応することができます。

フォトクレジット:エンリケ・ロペス

フォトクレジット:ジェスパー・マークワード・オルセン

PTFE製ライナー付きロッドエンドを使用した高熱用のスタビライザーリンク

ATVおよびオフロード車に関して言えば、道路の凸凹は想定内であり、あえて求めることもあります。ただし、サスペンションシステムの状況を常にチェックする必要があります。従来、オンロードやオフロードでの快適な乗り心地を維持するためにスタビライザーリンクが使用されています。

CCTYベアリングは、特にこのサスペンションシステムでは内部の温度が華氏350度~400度になり、ロッドエンドのプラスチック樹脂の寿命とパフォーマンスに影響を及ぼすことがわかりました。

 

解決策

CCTYベアリングのエンジニアはナイロンプラスチック樹脂のインサートをBK1に置き換えました。BK1は裏側が自己潤滑のPTFE製のブッシュ、高温下の使用で長期間にわたるパフォーマンスを実現します。