CCTY Bearing | 球面ベアリング
球面ベアリングはSPBとも呼ばれ、外側の面が膨らんだ球状の形をした内輪と、対応する球状の形をした外輪の2つのリングで構成されています。
球面ベアリング(SPB)
19032
page-template-default,page,page-id-19032,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-15.0,qode-theme-bridge,disabled_footer_bottom,wpb-js-composer js-comp-ver-5.6,vc_responsive
 

球面ベアリング

ラジアル球面ベアリングは外輪内輪で構成されています。この設計により、特に振動運動が求められる場所におけるベアリング機構として適しており、ミスアライメントを吸収することができます。

CCTYベアリングのラジアル球面ベアリングは、内輪と外輪の摺動面が異なる材料で作られた、異なる摺動面の組み合わせで使用できます。スラスト球面軸受とアンギュラコンタクトSPBはインチ系メートル系の両方があります。

球面ベアリングシリーズ

スチール/PTFE – メンテナンスフリー

COM-BK

寸法確認

スチール/スチール – 要メンテナンス

GE-ES/GEZ-ES

寸法規格表(メートル系)

寸法規格表(インチ系)

SPBスペシャルストと話す